コンテンツを営業・マーケティングの力に――ノーバジェット株式会社

はじめての方に

ノーバジェット株式会社は、オウンドメディア(自社所有のWebサイト、印刷物、店舗、人財など)を強化することで、営業/マーケティングに役立てようとする「オウンドメディア・マーケティング」を標榜するマーケティング支援カンパニーです。とくに、IT関連企業、中小企業、メディア/出版社/印刷会社へのご支援に力を注いでいます。

■オウンドメディア・マーケティングとは・・・

近年、企業を取り巻く情報媒体(メディア)を「ペイドメディア=Payed Media」「アーンドメディア=Earned Media」「オウンドメディア=Owned Media」の3つに分類し、それら「トリプルメディア」を連携させて効率的なマーケティングを行おうという動きが活発になってきました。

トリプルメディア上図のように、「オウンドメディア」とは、自社のコーポレートサイト、ブランドサイト、メールマガジンなどのデジタルメディアをはじめ、企業広報誌、カタログ、パンフレットなどの印刷物、さらには、セミナーや自社社員/アルバイトなど人の応対までも範疇に入るものです。つまり、自社と社外の“接点”となるものは、すべてオウンドメディアだというわけです。

こうしたマーケティング・フレームワークが生まれた背景に、SNSなどのソーシャルメディアを代表とする「アーンドメディア」の急成長が挙げられます。それまでは、市場の不特定多数に自社をアピールするにはペイドメディアに頼らざるを得なかったものが、誰もが手軽に利用しているSNSや個人ブログの存在が無視できないほど大きくなってきたということです。スマートデバイスの普及は、さらにこの流れを加速させました。

■オウンドメディア・マーケティングの2つの要素

こうした状況の中で、今後企業はどう「メディア」と接していけば良いのでしょうか。そのひとつの回答が、自社サイトを核とした「オウンドメディア・マーケティング」を実践することです。すなわち、

  • 見込み客の興味を引くコンテンツをオウンドメディア基盤(自社サイト)に掲載し、市場の多くの人を自社サイトに誘導する。
  • 有望な見込み客の興味を引くコンテンツと引き換えに、見込み客のプロファイルを獲得し、オウンドメディア基盤で管理。成約に向けてアウトバウンド・アプローチをオンライン/オフラインの両面から展開する。
  • 成約した顧客に対しては、顧客ロイヤリティを高めて関係性を強化するために、オウンドメディア基盤から有益なコンテンツを提供したり、オフラインでの施策を実施する。

など、マーケティング・営業プロセスを実現することです。

オウンドメディア基盤への集客ては、前述のSNSやブログを企業自らが活用することで、見込み客や顧客とダイレクトにコミュニケーションしながら自社サイトのコンテンツへ誘導することができます。また、Googleをはじめとした検索エンジンがコンテンツそのものを重視してきている点も、オウンドメディアにとっては追い風です。これまでのように、ペイドメディアに多くを頼らずとも、自社のオウンドメディア基盤へ見込み客を集客・誘導できるということです。

こうしたオウンドメディア・マーケティングを実践するうえで重要となるのが、「コンテンツ」と「オウンドメディア基盤」です。

【コンテンツ】
コンテンツは、ターゲットの自社製品に対する興味に応じて制作する必要があります。自社製品に気づいてもらうためのコンテンツ、自社製品の価値を伝えるコンテンツ、自社製品の細かな仕様を伝えるコンテンツなどを、営業プロセスの適切な時期にタイミングよく提供する必要があります。

【オウンドメディア基盤】(自社サイト+見込み客管理システム)
コンテンツの格納場所としてのWebサイトに加え、自社の予算や規模に適したシステムやツール(リードマネジメントシステム、CRM、SFA、メール配信システム)を選定する必要があります。

■オウンドメディア・マーケティングから生まれる4つの企業価値

最後に、オウンドメディア・マーケティングを実践し、コンテンツの拡充を図ることで生ずる企業価値をまとめてみます。

①顧客接点の拡大
見込み客の興味に応じたコンテンツを掲載することで、検索エンジン、SNSなどからのWebサイト訪問者数を増やすことができ、Webからの問い合わせ数の増加が期待できます。

②顧客との関係性維持/強化
見込み客や顧客のプロファイルや個々の閲覧履歴などを把握することで、営業アクションなどを起こしやすくなります。

③営業ノウハウやナレッジの蓄積
自社の専門的な知見やノウハウをコンテンツとしてWeb上に蓄積することは、単に読み手にとって有益なだけではなく、社員が社外からモバイル端末でアクセスして対面営業で使ったり、印刷物に展開するなどSPツール化して営業資料にすることができます。

④企業のブランドイメージの醸成
多様なコンテンツも掲載することで、見込み客/顧客だけでなく、協力会社/株主/地域住民/採用希望者、さらには社会全体に自社を認知してもらえ、ブランドイメージの向上、社内のモチベーションアップ、人材採用への好影響などが期待できます。

* * *

かつて、多くの企業が「広報誌」「PR誌」を通じて、関係者(見込み客/顧客/協力会社/採用希望者/株主/地域住民など)や社会全体との関係性を 構築していた時代がありました。そこには、限られたページ数の中で企業のビジョン、製品・サービスに対する思い、技術やスキルに対する自信、ユーザーの喜 びの声、社会や地域への態度など、その企業独自のの世界観、物語が凝縮されていました。

デジタル時代において「広報誌」「PR誌」の役割 を果たすのが、自社サイトを中心とする「オウンドメディア」なのだと私たちは思います。かつてのように、印刷/流通コストをかけることなく、オウンドメ ディアは運営できます。これまで、広報に無縁だった中小企業でも、オウンドメディアで自社の魅力を世界中に伝えることができる時代になったということで す。

「広報誌」「PR誌」の発行に編集プロダクションというパートナーが必要だったように、「オウンドメディア」の運営にも大量のコンテ ンツの方向性や統一感をディレクションできるパートナーが必要です。オウンドメディアで、自社の世界観・物語を関係者や社会全体に伝えるために、私たち ノーバジェット株式会社の力をお役立てください。




■最新の記事 ーーーーーーー>>>

ノーバジェット株式会社からのお知らせや、オウンドメディア・マーケティング、コンテンツ制作に関する弊社の考えを発信します。最新情報は、Facebokページ「Nobudget Inside」でお知らせしますので、ぜひ「いいね!」してください。

【Information】 オフィス移転のお知らせ

ノーバジェット株式会社は下記の通り本社を移転いたしました。 これを機に社員一同気持ちを新たに、皆様のご期待に添えますよう一層努力してまいります。今後とも倍旧のお引き立てとご指導を賜りますようお願い申し上げます。

<新オフィス> 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-3-16 千代田パリオンビル8F 電話:03-6826-4888 FAX:03-6825-4777 最寄駅:JR山手線/京浜東北線/総武線・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅から徒歩7分 都営地下鉄新宿線 岩本町駅から徒歩6分 JR山手線/京浜東北線 神田駅から徒歩8分 移転日:2015年3月2日(月)

【Infomation】Webサイトをリニューアルしました

ノーバジェット株式会社のWebサイトをリニューアルしました。今後は、オウンドメディア運用やコンテンツ制作に関する記事をアップしていく予定です。ご期待ください。

今回のデザイン面でのリニューアルのポイントは、スマートフォンやタブレットでの閲覧にも柔軟に対応できるよう、レスポンシブルデザインを採用したことです。こうすることで、ブラウザーのウィンドウサイズに合わせてデザインが自動的に調整され、端末ごとにサイトを用意する必要がなくなります。

また、ノーバジェットが掲げる「オウンドメディア・マーケティング」を自社で実践すべく、スピーディーに自社のオリジナル・コンテンツをWebサイトに掲載できるよう、運用のしやすさを考えてWordPressを活用しています。これにより、短期間・低コストでのWebサイト構築、および、現サイトからの移行を実現しました。

これからも、ノーバジェットをよろしくお願いします。

【Infomation】「オウンドメディア・ラボ」を開設しました

ノーバジェット株式会社では、「オウンドメディア・マーケティング」や「コンテンツ制作」などに関連するネット上の記事をクリッピングする「オウンドメディア・ラボ」をTwitterとFacebook上で開設しました。ぜひ、ご活用ください。

Facebook

みなさんにおすすめしたい、とくに気になった記事を紹介しています。コメント覧で、あなたの考えをお聞かせください。 http://www.facebook.com/ownedmedialab

Twitter

良い記事を発見したその都度ツイートします。取り上げるテーマも、FBより少し幅広くマーケティング全般にわたっています。 https://twitter.com/nobudget01